フェアレディZ Z33 Z34 事故時 廃車費用 払わず 買取

MENU

フェアレディZ(Z33/Z34)事故時に廃車費用を払わず買取させる方法

フェアレディZ,Z33,Z34

事故車,廃車,査定,買取,かんたん車査定ガイド


日産のフェアレディZ(Z33/Z34)は人気のスポーツカーで、
登場してきたのは1969年で、市場に投入されるとすぐに、
スポーツカー愛好家から絶大な支持を受けました。

 

 

車のタイプはクーペが主流ですが、コンバーチブルも存在しました。

 

 

ファストバックのスタイルに2シーターで
中には2by2 の4シーターもありました。

 

 

現行車は6代目となり、2008年モデルのZ34型となり、
もともとは海外戦略車として位置づけられていました。

 

 

実に50年近くの市場実績を残しており、
現在でも注目の車で、新車、中古車でも実績をあげています。

 

 

よって
日産のフェアレディZがたとえ事故車であっても高く売れていて、
それはフェアレディZの魅力が最大の理由でしょう。

 

 

フェアレディZ(Z33/Z34)が事故車は廃車でもなぜ高く売れるのか。

フェアレディZ,Z33,Z34

事故車は通常の場合、廃車処分しかないと考えがちですが、
フェアレディZのような人気車は市場に再び投入されます。

 

 

事故車は修復歴がある事を表示する事が義務付けられていて、
したがってディーラーも顧客もその事を承知しています。

 

 

事故の程度にもよりますが、修復歴のあるフェアレディZが多く市場に出ていて、
事故車は割安に価格が設定されていますから注目されると言うことになる訳です。

 

 

フェアレディZ(Z33/Z34)は海外でも人気

フェアレディZ,Z33,Z34

次にフェアレディZは国内市場のみならず海外市場にも投入されていて、
海外市場では修復車に対するイメージが全く違います。

 

 

国内では事故車を敬遠する風潮がまだ残っていますが、
海外市場では修理して使うと言う考え方のほうが一般的で
そのためフェアレディZも数多く輸出されています。

 

 

また仮に修復しても走行が期待出来ない場合でも買い取られます。

 

 

それは部品に着目されているからで、中古部品は価格が低く抑えられていますから、
修理代を安くしようと考えるユーザーには好都合で、
その需要もあって全国各地に中古部品の専門業者があるのです。

 

 

このような理由から事故車であっても高く売れる
というサイクルが出来上がっているのです。

 

 

事故車は即廃車処分と言う考え方は少しずつ変わってきているようです。

 

事故車,廃車,査定,買取,かんたん車査定ガイド